日本臨床リウマチ学会
プライバシーポリシー ホーム 関連リンク集 医薬・医療情報 会員のページ 学会誌 住所・勤務先変更 入会手続き 会員手続き 次期学会案内・歴代学会記録 学会案内 学術集会 沿革 理事長挨拶 名誉会員・功労会員 役員・委員
News&Topics


理事長 宗圓 聰 宗圓 聰先生の後任として理事長を拝命致しました竹内 勤です。歴代の理事長の先生方が築いてこられた本学会の方向性を継承しながら、近年発展がめざましい臨床リウマチ学をより一層進化させるべく努力して参りたいと存じます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 本学会は、1987年に近畿地区で発足した「関西リウマチ学会」がその源流であり、臨床面をより重視する方向から「臨床リウマチ学会」と変更され、さらに、学会を全国レベルに拡大する目的で1994年11月より「日本臨床リウマチ学会」と改称され、現在に至っております。私は、かねてより学会誌臨床リウマチの編集委員として本学会に関与して参りました。2年前からは宗圓先生の下、副理事長を拝命し学会運営に携わってきました。この間、会員数は着実に増加し、学術集会参加者数、ならびに演題数も右肩上がりに推移しております。医師のみならず、看護師、薬剤師、理学療法士などの多職種の医療人や多くの製薬企業からの参加者で、年々、会場は熱気に満ち溢れ、活発な議論が展開されています。これを反映する様に、昨年の学術集会では、看護師が中心となってチーム医療のあり方を考えるワークショップが開催され好評を博しました。この流れをより確実なものにするため、同様の企画を定期的に学術集会で実現させて参りたいと思います。
 学会法人化後の事務局機能の強化、学会誌のあり方、より魅力的な学術集会のあり方など、学会に求められている課題に、積極的に取り組んで参ります。学会役員、会員の皆さまからご意見を頂戴しながら、より良い学会を目指して行きたいと考えておりますので、どうか宜しくお願い申し上げます。

竹内 勤

Copyright The Japanese Society for Clinical Rheumatology and Related Research All rights reserved.